見た目年齢を若くするために|顎のたるみを改善しよう

先生
  1. ホーム
  2. 小顔になりたいのであれば

小顔になりたいのであれば

カウンセリング

適した治療を受ける

顎がたるんで二重顎になっていると、どうしても気になってしまうでしょうが、効果的に解消する方法があり、美容クリニックでさまざまな施術をしてくれます。その施術をすぐにでも受けたくなるでしょうが、どこの美容クリニックにするのかをまず選ばなくてはならず、選び方次第で思うような効果が出たりでなかったりすることもあるでしょう。そこで、いくつか気を付けるポイントを最初に挙げておきます。美容クリニック選びで最初に起こす行動は、ホームページのチェックでしょうが、これまでの実績、症例写真、実際にその美容クリニックで施術を受けた方の口コミなどは必ず確かめておきましょう。それだけでも、いい美容クリニックかどうかの判断ができるし、自分に合った施術を施してくれるかどうかもわかります。そして、いざカウンセリングを受けるとなったら、説明が丁寧か、こちらの悩みを真剣に受け止めてくれるか、施術内容はどのようなものかなどをしっかり見たうえで、依頼するかどうかを決めてください。料金体系もこのカウンセリング時にはっきり提示させなければならず、自分の予算の範囲内でできるか見極める必要があります。カウンセリングを受けると、そのクリニックで施術を受けなければいけないように思えますが、そのような決まりはなく、別のクリニックへ行ってもいいことになっています。できれば、複数のクリニックでカウンセリングを受け、どこがいいのかを比較したうえで依頼をするといいでしょう。ここにしようと決まって、施術を受ける段階になっても、気を付けるべき点はいろいろあります。たとえば、どんな施術を受けたらいいかということが問題になってきますが、その参考のためにいくつかの種類を提示しておきましょう。大きく分けて、手術をして顎のたるみを取るか、手術をしないで顎のたるみを取るかの2種類あります。手術をしない方法には、レーザーや脂肪溶解注射などがあり、レーザーは脂肪を減らしたり、皮膚のたるみを解消したりできるのですが、効果はやや弱いことは頭に入れておきましょう。脂肪溶解注射は、読んで字のごとく、脂肪を溶かしてしまう注射ですが、腫れや熱感、赤みなどが何日か残ることがありますので、冷やしたり、静かに休んだり、痛み止めを飲んだりして、症状を鎮めます。手術を受ける場合は、レーザーを内部に照射したり、脂肪吸引をしたり、リフトアップをしたりなどの方法があり、それぞれ注意点があります。レーザーを内部に照射するときには、小さな傷口を開けて行うのですが、1週間くらい腫れや内出血が起きることがあるので、それも計算に入れておきましょう。効果という点では、外部からレーザーを照射するよりも大きいものがあります。脂肪吸引は、脂肪によるたるみに最も効果があり、優れた施術となっていますが、やはり強い腫れや内出血が治まるのに1週間ほどかかるので、場合によったらしばらく休日を取る必要も出てきます。リフトアップには、糸を通して行う方法と切開して行う方法があり、顎のたるみだけでなく、フェイスラインをも引き上げることが可能です。糸を通す方法はダウンタイムもほとんどなく、徐々に二重顎が改善していくのに対して、切開する方法は痛みや腫れがしばらく残ることが多いです。いずれにせよ、カウンセリングでは自分のイメージをしっかりと相手に伝えておくことが重要で、顎のたるみを取るだけだからと軽く見ずに、自分の気持ちをはっきりと言葉にしましょう。また、どんな施術にもメリットやデメリットがあるので、いいことばかりでなくマイナス面についても正しく理解し、そのうえで施術を依頼しなければいけません。それから、施術後に腫れや痛みが出た時のためのアフターケアについても確認しておきましょう。顎のたるみを取る場合に限らず、施術後のケアが大切になってくるので、その時の対応がしっかりしているクリニックを選ぶ必要があります。